一口馬主の会員として愛馬たちを応援しています。
since2002/08/30
Rebirth2012/12/20
                                                           
平成25年も、あとわずかとなりました。

ストロングタイタンは7/7福島11R福島11R七夕賞(GV)芝2000mに戸崎圭太騎手で出走し16着でした。稍重の中1000b58.0秒のハイペースを4,5番手で進め、最終コーナーへ。手応えが怪しくなる中、外から被せられて、走る気を失くした感じになって、最後は殿負けでした。調教では好時計を連発してましたし、気分次第なのかな。

マイタイムオブデイは8/3(土)札幌8R3歳以上1勝クラスに出走予定です。今回は昇級初戦で、古馬とも初対戦。前回がフロックでないところを見せて欲しいですが、簡単には行かないでしょう。

モンドインテロは、6/29に函館競馬場に帰厩しました。7歳の夏を迎えましたが、もう一花何とか上げて欲しい。

セントオブゴールドは、再入厩しました。新潟芝1800mでのデビューを予定しています。

現役愛馬




モンドインテロ 牡7歳
美浦 手塚貴久厩舎
 父ディープインパクト 母シルクユニバーサル
 6/29函館競馬場に帰厩



○外ストロングタイタン 牡6歳
栗東 池江泰寿厩舎
 父Regal Ransom 母Titan Queen
 次走は12/8中京11R第54回中日新聞杯(GV)芝2000mにB.アブドゥラ騎手で出走3着
 1/5中山11R第68回中山金杯(GV)芝2000mに出走15着
 1/11ノーザンファームしがらきへ放牧
 3/8右前肢に骨瘤の症状。程度としては軽いものだが、歩様に見せているため、ウォーキングマシンで軽めの運動に。
 7/7(日)福島11R七夕賞(GV)芝2000mに戸崎圭太騎手で出走16着



セダブリランテス 牡5歳
美浦 手塚貴久厩舎
 父ディープブリランテ 母シルクユニバーサル
 9/14入場時の馬体チェックで、左膝部分が少し気になり、念のためレントゲン検査を行うが、異常は認められず。ただ、過去に骨折をした箇所であるため慎重に進める。
 9/28左前に骨瘤
 10/19「骨瘤はだいぶ良くなってきているが、もうしばらくはトレッドミルでの運動を継続。
 11/23「骨瘤の状態は落ち着いていたことから、軽く乗ったところ、歩様に違和感」まだまだ時間がかかりそう。
 1/10「左前膝に骨膜が確認されたため、ノーザンファーム空港に移動し、手術も検討」
 1/18「社台ホースクリニックで左前膝関節鏡手術。その際に左前橈骨遠位に骨片が確認されたため摘出。」
 2/22ウォーキングマシンでの運動を開始
 5/3この中間からは周回コースでの調教を行っている。
 6/28週3回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,500m。調教後は入念にケアを行い、なるべく疲れを溜めないよう努めています



クライムメジャー 牡5歳
栗東 池江泰寿厩舎
 父ダイワメジャー 母クライウィズジョイ

 5/12京都10R錦ステークス(1600万下)芝1600mに松山弘平騎手で出走9着
 5/25京都10R朱雀ステークス(1600万下)芝1400mに藤岡康太騎手で出走12着
 6/14ノーザンファームしがらきへ放牧
 6/21ノーザンファーム早来へ移動
 6/26栗東・渡辺薫彦厩舎へ転厩
 



マイタイムオブデイ 牝3歳
栗東 松永幹夫厩舎
 父Australia 母ラックビーアレディトゥナイト
 2/10小倉5Rメイクデビュー小倉芝1200mに北村友一騎手で出走17着
 2/15ノーザンファームしがらきへ放牧
 4/21福島5R3歳未勝利芝1200mに西村淳也騎手で出走11着
 6/16函館4R3歳未勝利芝1800mに団野大成騎手で出走1着
 8/3札幌8R3歳上1勝クラス芝1800m牝に出走予定



○外フォートワズワース 牡3歳
栗東 西村真幸厩舎
 父Verrazano 母Opulence
 9/29阪神9Rヤマボウシ賞(500万下)D1400mに松若風馬騎手騎手で出走10着
 12/16阪神7R2歳500万下D1800mに池添謙一騎手で出走12着
 1/26右トモ腸骨を骨折していることが判明し、全治9ヵ月の診断
 1/29ノーザンファームしがらきへ放牧
 3/1ノーザンファーム天栄へ移動
 3/3ノーザンファーム早来へ移動
 3/15自然治癒でじっくり進める予定。
 5/10角馬場で乗り運動を開始。負荷を掛けても患部を含めて、状態面に変わりない。来週からは坂路での調教に移れそう。
 6/28週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,700m。来月には、さらにペースを上げる。



セントオブゴールド 牡2歳
美浦 木村哲也厩舎予定
 父ディープインパクト 母キューティゴールド
 8/14出資
 9/4ノーザンファーム空港へ移動
 10/1「ロンギ場で馴致を行っている。集中力が続かないところがあるが、人の指示にはしっかりと従ってくれている。」
 11/1「周回コースで調教を開始。坂路にも入れて体力強化を図っている。ハミを少し嫌がるところがあるが、馬のバランスは良く、綺麗な走りをするので、調教を継続していけばハミに慣れてくれると思う」440kg
 12/31「少し腰が甘いところは残していますが、調教を重ねていく毎に解消されつつある」
 1/24馬名がセントオブゴールドに決定。
 2/1「この中間も坂路調教を継続。乗り味は抜群で、軽快な脚捌きを見せている。トモの緩さが徐々に解消されてきたことで、バネの利いた走りができるようになった。馬体に関しても筋肉量が増し体重が増え、大人びた好馬体になってきた」馬体重463kg
 3/1「馬体の成長が顕著で、要所要所に必要な筋肉がついて、体がしっかりしてきた。乗り味も抜群に良い。早期デビューも視野に入れられる状態。」
 4/1「中間には周回コースでの運動のみに止める週を作り、適度なリフレッシュを取り入れていることで、馬房ではリラックスして過ごせている。精神的にカリカリしやすいために、時折飼い葉を残すことがあるが、基本的には全て食べてくれているので、馬体もフックラと見せている。坂路での乗り味は良好で、脚取りはしっかりとしているが、少し動きに硬さがある。今後はもう少しトモを使わせて、動きに柔らかさを出していきたい」
 4/15「まだ動きに硬いところはありますが、馬には1本芯が通ってしっかりとしているので、最後までブレずに坂路コースを駆け上がれていますね。現在の調教メニューを難なくこなせており、脚元にも不安はない」
 4/24福島県・ノーザンファーム天栄に移動
 4/26美浦・木村哲也厩舎に入厩。
 5/3ゲート試験合格。
 5/9「あまりハミ受けが良くない。改善を図っていければ。」
 5/17ノーザンファーム天栄に放牧
 6/21背腰に疲れ