一口馬主の会員として愛馬たちを応援しています。
since2002/08/30
Rebirth2012/12/20
                                                      
平成25年も、あとわずかとなりました。

セントオブゴールドは10/24(日)東京9Rtvk賞(3歳上2勝クラス)に戸崎圭太騎手で出走し3着でした。直線、勝ち馬が仕掛けた際に若干遅れて反応。そこからはついていけずに、後続に差されて3着まで。いつも上位に来るように力はあるのですが、もう少し切れる脚がないと勝てないですね。歯がゆいです。

セダブリランテスは9/26(日)中山11R第67回オールカマー(GU)芝2200mに石川裕紀人騎手で出走し15着でした。道中は好位を追走。勝負所でペースが上がると、少しずつ下がってしまい、直線を向いても追い上げることはできませんでした。2戦続けての惨敗。シルクのコメントからは引退をほのめかす調教師のコメントがありました。まだまだこんなもんじゃないと思いたいですが、厳しいでしょうか。まだ10戦。これからだと思うのですが。

シルクの今年の出資馬が決まりました。パーシーズベスト20とシンシアズブレス20の2頭です。他にも4頭に申し込みましたが、そのうち3頭は出資実績が足らずに抽選にもかけられず門前払い。他の1頭については抽選のうえ出資できませんでした。抽選次第では1頭も出資できないことも容易に想像できた事なので、そんな中で2年連続で2頭に出資できたのは奇跡です。

パーシーズベスト20は、母パーシーズベストもシルクで募集されましたが、抽選の末外れて出資できなかった馬でした。また、母パーシーズベストの全弟にはG1制覇を夢見た出資馬オブセッションがおり、自分にとってはこの血統には思い入れがあります。2倍強の抽選に何とか通りました。

シンシアズブレス20は、出資馬シンシアズブレスの初仔となります。元出資馬に出資するのは夢の一つでしたが、今まで元出資馬が募集されたのは昨年のシロインジャー19が初めてでした。募集馬が発表になった際には、他に目を引く血統がいなかったこともあり、出資候補にしていました。募集馬動画を見たところでは、身体も小さく、脚のおくりも良くは見えなかったので、見送りも考えましたが、最近のシルクでは出資することすらかなわないことが多いということもあり、申し込むことにしました。でも、父サトノクラウンにはサンデーサイレンスやキングカメハメハが入っていないので、今後重宝される血統だと思います。繁殖入り後も出資したいです。

現役愛馬




セダブリランテス 牡7歳
美浦 手塚貴久厩舎
 父ディープブリランテ 母シルクユニバーサル
 6/13(日)東京11R第38回エプソムカップ(G3)芝1800mに石川裕紀人騎手で出走17着
 9/26(日)中山11R第67回オールカマー(GU)芝2200mに石川裕紀人騎手で出走15着



クライムメジャー 牡7歳
栗東 池江泰寿厩舎
 父ダイワメジャー 母クライウィズジョイ
 7/18(日)小倉1R障害3歳上未勝利芝D2,860mに植野貴也騎手で出走2着
 8/28(土)小倉1R障害3歳上未勝利芝D2,860mに植野貴也騎手で出走1着




マイタイムオブデイ 牝5歳
栗東 松永幹夫厩舎
 父Australia 母ラックビーアレディトゥナイト
 6/26(土)札幌10R北辰特別(3歳上1勝クラス)芝1800mに団野大成騎手で出走10着
 8/22(日)札幌8R3歳上1勝クラス牝芝2000mに松田大作騎手で出走5着
 9/5(日)札幌8R3歳上1勝クラス芝1800mに松田大作騎手で出走10着




セントオブゴールド 牡4歳
美浦 岩戸孝樹厩舎
 父ディープインパクト 母キューティゴールド
 8/15(日)札幌12R藻岩山特別(3歳上2勝クラス)芝2000mにC.ルメール騎手で出走5着
 9/24(日)東京9Rtvk賞(3歳上2勝クラス)芝2000mに戸崎圭太騎手で出走3着



アプリシティー 牡2歳
美浦 尾関知人厩舎予定
 父ディープインパクト 母イルーシヴウェーヴ
 2/5馬名決定
 



メッセージソング 牡2歳
栗東 藤岡健一厩舎予定
 父ロードカナロア 母チアズメッセージ
 9/14左膝の副手根骨に小骨片の除去手術
 2/5馬名決定



パーシーズベスト20 牡1歳
美浦 宮田敬介厩舎予定
 父モーリス 母パーシーズベスト
 8/13出資決定
 



シンシアズブレス20 牝1歳
美浦 高木登厩舎予定
 父サトノクラウン 母シンシアズブレス
 8/15出資決定