一口馬主の会員として愛馬たちを応援しています。
since2002/08/30
Rebirth2012/12/20
                                                           
平成25年も、あとわずかとなりました。

モンドインテロは、1/14(日)京都11R第65回日経新春杯(GU)芝2400mにC.ルメール騎手で出走し7着でした。レースはスローの中、後方3〜4番手で進めました。3コーナーの勝負処でも動かず、そのままの態勢で直線へ。末脚に期待しましたが、伸びずに7着まで。スローの中で少し後ろ過ぎたということと、騎乗停止明けのルメール騎手の騎乗が主な要因に見えました。ルメール騎手の話では、道中2回ほど脚を取られたということで、前日の悪天候の馬場も影響したのかもしれませんが・・・。これで海外遠征も白紙撤回となってしまいました。今年は6歳。何とか重賞タイトルを。

セダブリランテスは、1/6(土)中山11R第67回中山金杯(GV)芝2000mに戸崎圭太騎手で出走し1着でした。パドックの映像からも馬体が締まっていて、前走より状態の良さが見て取れました。返し馬の動きも、ブレずに真っ直ぐに走る姿に好感が持てました。レースは2,3番手追走。3,4コーナー手前からは早くも騎手の手が動き、手応えが悪いのかと思われても仕方がない走りでした。そのまま追い通しで直線を迎え、このまま馬群に沈むのかと思われましたが、渋太く伸びて前を捕らえると、外から鋭く追い込んできた馬たちを何とか凌いで、重賞2勝目を飾りました。セダブリランテスは、鋭い決め脚はありませんが、スタミナが豊富で長くいい脚が使える馬です。早め先頭でロングスパートが向いているのかもしれません。これからは目標にされると厳しいかもしれませんが、また重賞のタイトルを手に入れられるように頑張って欲しいですね。
なお、レース後剥離骨折が判明したた、近日手術の予定です。復帰は順調に行っても、夏の新潟開催とのことです。

ストロングタイタンは、裂蹄の症状がみられるとのことです。爪が伸びるまでは無理をしないとのことです。

オブセッションは、3/4(日)中山11R弥生賞(GU)芝2000mにC.ルメール騎手で出走予定です。大跳びの本馬にとっては、中山は不向きかもしれませんが、ここで何とか権利を取って、皐月賞の舞台に駒を進めて欲しいです。

オピュレンスの2016に出資しました。1300口を超える申込があり、私の出資実績では到底及ばないということで抽選に回りましたが、何とか抽選に通りました(というか、ここ3年の抽選は散々な結果だったので、たまには当たってくれないと。)。個人的な感想としては、見た目はガッチリとしていますが、まだトモにも力強さが足りず、胸前あたりにももう少し厚みが欲しい気がします。動きにも硬さが感じられ、もう少ししなやかな動きが出てくるといいかなと思います。課題は多いですが、今後の成長が楽しみです。

ラストインパクトが、2017/12/20に競走馬登録を抹消されました。この後はノーザンホースパークで乗馬となるそうです。私にとっては初めての重賞勝ち馬で、第36回ジャパンカップでは勝ちに等しいレースを見せてくれるなど、挙げたらきりがないくらいの思い出をくれました。種牡馬になれなかったのは残念でなりませんが、これからの余生を穏やかに長生きしてほしいと思います。お疲れ様でした。

スペシャルギフトは、前走後屈腱炎を発症し全治9ヵ月以上の診断を受けたため、引退することになりました。元々脚元に不安がありましたが、4勝を上げ、1600万下条件でも差のない競馬をしてくれました。もう少し丈夫なら、重賞戦線でも活躍してくれたと思うだけに残念ですが、ここまでよく頑張ってくれました。この後は乗馬になる予定です。

2017年は、ラストインパクト、ジューヴルエール、ワールドインパクト、モーリーファと4頭が引退し、新年早々スペシャルギフトも引退してしまいました。一気に寂しくなってしまいましたが、そんな中で幸先よく、明け4歳馬のセダブリランテスが中山金杯を制覇してくれました。これで重賞2勝目、5戦4勝3着1回と全く底を見せていませんし、私の愛馬の中では、今年の古馬のエースです。
モンドインテロ、ストロングタイタン、クライムメジャーも重賞にいつ手が届いても不思議ではありません。
3歳馬オブセッションにはクラシック制覇の夢が掛かります。今までの愛馬の中では一番能力がある馬だと思っています。
今年は心に残る良い年にしたいですね。

現役愛馬




モンドインテロ 牡6歳
美浦 手塚貴久厩舎
 父ディープインパクト 母シルクユニバーサル
 1/14京都11R日経新春杯(GU)芝2400mにC.ルメール騎手で出走7着
 



シンシアズブレス 牝5歳
栗東 池江泰寿厩舎
 父ダイワメジャー 母クラウンピース
 12/2の中京12R豊川特別(500万下)芝1600mに中谷雄太騎手で出走11着
 12/5ノーザンファームしがらきへ放牧



○外ストロングタイタン 牡5歳
栗東 池江泰寿厩舎
 父Regal Ransom 母Titan Queen
 12/17中山11Rディッセンバーステークス(OP)芝1800mにM.デムーロ騎手で出走7着
 12/19ノーザンファームしがらきに放牧
 3月頃復帰を目指す。



セダブリランテス 牡4歳
美浦 手塚貴久厩舎
 父ディープブリランテ 母シルクユニバーサル
 11/5東京11Rアルゼンチン共和国杯(GU)芝2500mに戸崎圭太騎手で出走3着
 11/9ノーザンファーム天栄に放牧
 1/6中山11R第67回中山金杯(GV)芝2000mに戸崎圭太騎手で出走1着
 1/17剥離骨折が判明。復帰目標は夏の新潟開催



サーブルノワール 牡4歳
美浦 小島太厩舎
 父ブラックタイド 母マイネナデシコ
 7/8福島9R開成山特別(500万下)芝2600mに出走9着
 7/15蟻洞が判明。ノーザンファーム天栄に放牧
 7/20治療にかなり時間がかかる。ノーザンファーム空港へ移動。
 11/17左前脚の繋ぎの外側部分に腫れ。



クライムメジャー 牡4歳
栗東 池江泰寿厩舎
 父ダイワメジャー 母クライウィズジョイ
 11/26京都10R渡月橋ステークス(1600万下)芝1400mにA.アッゼニ騎手で出走2着
 12/28阪神12Rファイナルスステークス(1600万下)芝1400mに川田将雅騎手で出走2着
 1/21京都11R石清水ステークス(1600万下)芝1400mに荻野極騎手で出走予定



オブセッション 牡3歳
美浦 藤沢和雄厩舎
 父ディープインパクト 母パーシステントリー

 9/28帰厩
 10/21東京5R2歳新馬芝2000mにC.ルメール騎手で出走1着
 10/26ノーザンファーム天栄に放牧
 12/2阪神9Rシクラメン賞(500万下)芝1800mにC.ルメール騎手で出走1着
 12/8ノーザンファーム天栄に放牧
  3/4中山11R弥生賞(GU)芝2,000mにC.ルメール騎手で出走予定



ラックビーアレディトゥナイトの2016 牝2歳
栗東 松永幹夫厩舎予定
 父Australia 母ラックビーアレディトゥナイト
 9/30出資申込
 10/1「従兄のサクソンウォリアーが愛国G2 に優勝するなど、血統にも勢いがあり、来年のデビューが楽しみ」
 11/1「やや小柄だが、それを感じさせないほど充実した馬体に成長してきている。馬体重436kg」
 12/1「成長を促す意味でも、年内は無理をせずにしっかりと馴致を行い、並行して基礎体力も養っていきたい。馬体重428kg」



○外オピュレンスの2016 牡2歳
栗東 西村真幸厩舎予定
 父Verrazano 母Opulence
 12/11出資確定