一口馬主の会員として愛馬たちを応援しています。
since2002/08/30
Rebirth2012/12/20
                                                           
平成25年も、あとわずかとなりました。


クライムメジャーは、3/17(日)中山9R幕張ステークス(1600万下)芝1600mに松山弘平騎手で出走し4着でした。ゲートは、早くスタートしたいような感じでした。その影響かタイミングがほんの僅かに合わず、外めの5番手からとなりました。向正面で2番手に上がり、4コーナーを回りますが、逃げ馬を捕らえられず、3着に粘れるかというところで、後方の馬に差されての4着でした。スタートが決まっていれば馬券圏内はあったのかな。

シンシアズブレスは、2/27付で競走馬登録抹消となり、今後は繁殖牝馬となる予定です。リーチザクラウンの妹という血統からも、その子孫たちに期待したいです。お疲れさまでした。

ストロングタイタンは、暖かくなってからの復帰を目標。

モンドインテロは、右前膝裏に腫れが見られ、周辺の支持靭帯にダメージがあると思われるため、予定を白紙にし、ノーザンファーム早来に移動することになりました。ダイヤモンドステークス、阪神大賞典などでよいレースをしてくれるものと期待していましたが、残念です。

セダブリランテスは、左前橈骨遠位端骨折が判明しました。早ければ3ヵ月後にドレッドミルでの運動を目標にしています。早く戻ってきてほしい。

フォートワズワースも右トモ腸骨に骨折が判明し、全治9ヵ月の診断が下りました。悲しいです。

キューティゴールド17は、馬名がセントオブゴールドに決まりました。情報も良いコメントを聞けるようになりましたし、期待が膨らみます。


現役愛馬




モンドインテロ 牡7歳
美浦 手塚貴久厩舎
 父ディープインパクト 母シルクユニバーサル
 12/1中山11R第52回ステイヤーズステークス(GU)芝3600mにW.ビュイック騎手で出走3着
 1/18右前の膝裏に腫れ。周辺の支持靭帯にダメージがあると思われる。しばらく時間がかかるため、2/2にノーザンファーム早来に移動し、治療に専念する予定。
 3/8この中間から週3回トレッドミルで常歩を行っている。患部は回復傾向。



○外ストロングタイタン 牡6歳
栗東 池江泰寿厩舎
 父Regal Ransom 母Titan Queen
 次走は12/8中京11R第54回中日新聞杯(GV)芝2000mにB.アブドゥラ騎手で出走3着
 1/5中山11R第68回中山金杯(GV)芝2000mに出走15着
 1/11ノーザンファームしがらきへ放牧
 3/8右前肢に骨瘤の症状。程度としては軽いものだが、歩様に見せているため、ウォーキングマシンで軽めの運動に。



セダブリランテス 牡5歳
美浦 手塚貴久厩舎
 父ディープブリランテ 母シルクユニバーサル
 9/14入場時の馬体チェックで、左膝部分が少し気になり、念のためレントゲン検査を行うが、異常は認められず。ただ、過去に骨折をした箇所であるため慎重に進める。
 9/28左前に骨瘤
 10/19「骨瘤はだいぶ良くなってきているが、もうしばらくはトレッドミルでの運動を継続。
 11/23「骨瘤の状態は落ち着いていたことから、軽く乗ったところ、歩様に違和感」まだまだ時間がかかりそう。
 1/10「左前膝に骨膜が確認されたため、ノーザンファーム空港に移動し、手術も検討」
 1/18「社台ホースクリニックで左前膝関節鏡手術。その際に左前橈骨遠位に骨片が確認されたため摘出。」
 2/22ウォーキングマシンでの運動を開始



クライムメジャー 牡5歳
栗東 池江泰寿厩舎
 父ダイワメジャー 母クライウィズジョイ
 12/16阪神12R妙見山特別(1000万下)D1400mに川田将雅騎手で出走7着
 1/12京都12R4歳上1000万下芝1600mに松山弘平騎手で出走1着
 1/12ノーザンファームしがらきへ放牧
 3/17中山9R幕張ステークス(1600万下)芝1600mに松山弘平騎手で出走4着



マイタイムオブデイ 牝3歳
栗東 松永幹夫厩舎
 父Australia 母ラックビーアレディトゥナイト
 2/10小倉5Rメイクデビュー小倉芝1200mに北村友一騎手で出走17着
 2/15ノーザンファームしがらきへ放牧



○外フォートワズワース 牡3歳
栗東 西村真幸厩舎
 父Verrazano 母Opulence
 9/29阪神9Rヤマボウシ賞(500万下)D1400mに松若風馬騎手騎手で出走10着
 12/16阪神7R2歳500万下D1800mに池添謙一騎手で出走12着
 1/26右トモ腸骨を骨折していることが判明し、全治9ヵ月の診断
 1/29ノーザンファームしがらきへ放牧
 3/1ノーザンファーム天栄へ移動
 3/3ノーザンファーム早来へ移動
 3/15自然治癒でじっくり進める予定。



セントオブゴールド 牡2歳
美浦 木村哲也厩舎予定
 父ディープインパクト 母キューティゴールド
 8/14出資
 9/4ノーザンファーム空港へ移動
 10/1「ロンギ場で馴致を行っている。集中力が続かないところがあるが、人の指示にはしっかりと従ってくれている。」
 11/1「周回コースで調教を開始。坂路にも入れて体力強化を図っている。ハミを少し嫌がるところがあるが、馬のバランスは良く、綺麗な走りをするので、調教を継続していけばハミに慣れてくれると思う」440kg
 12/31「少し腰が甘いところは残していますが、調教を重ねていく毎に解消されつつある」
 1/24馬名がセントオブゴールドに決定。
 2/1「この中間も坂路調教を継続。乗り味は抜群で、軽快な脚捌きを見せている。トモの緩さが徐々に解消されてきたことで、バネの利いた走りができるようになった。馬体に関しても筋肉量が増し体重が増え、大人びた好馬体になってきた」馬体重463kg
 3/1「馬体の成長が顕著で、要所要所に必要な筋肉がついて、体がしっかりしてきた。乗り味も抜群に良い。早期デビューも視野に入れられる状態。」