オブセッション      4戦2勝2着0回

父 ディープインパクト
母 パーシステントリー
母父 Smoke Glacken

平成27年4月20日生
鹿毛 牡
ノーザンファーム生産

写真:シルクホースクラブ募集馬パンフレットより
愛馬に選んだ理由
募集馬DVDを見たところでは、牡馬の中では一番良く見えましたが、如何せん高額過ぎ、また他にも欲しい馬が数頭いたことから、第一次募集での申込を見送りました。しかし、申込した4頭全てについて抽選で外れてしまい、出資候補に再浮上しました。通常募集開始時はすでに、残り60口弱であったので出資は叶わないかと思われましたが、受付開始から67分後に何とか電話がつながり、出資することができました。
本馬の兄姉に目立った活躍馬はいませんが、母パーシステントリ―は輸入されて以降、4年連続でディープインパクトが付けられ、その期待の高さが窺われます。
「希望馬への出資が叶わなかった代わりに選んだ馬」という立場ですが、予算の都合で見送ったもので、一番良く見えた馬に違いありません。そういう意味では、「一番出資したかった馬に出資できた」といえると思います。
3年ぶりのディープインパクト産駒の牡馬への出資。大きな舞台を目指して欲しいな。(平成28年10月19日)

出走年月日 レース名 コース 距離 頭数 馬場 騎手 斤量 人気 着順 私のひと言

美浦・藤沢和雄厩舎 入厩










2017/10/21 メイクデビュー東京(2歳新馬競走) 東京芝 2,000 12 C.ルメール 55 1 1 1 1 スタート悪く、超スローペース。終始舌を出しながら。いつの間にか先頭。強い。
2017/12/02 シクラメン賞(2歳500万下) 阪神芝 1,800 7 C.ルメール 55 5 5 2 1 1番人気の2着馬を置き去りにして、それまでの2歳レコードを0.6秒も塗り替えた。
2018/03/04 第55回弥生賞(GU) 中山芝 2,000 10 C.ルメール 56 1 1 3 7 3,4コーナー中間で右ムチを入れられると、大きく外へ逸れてしまい万事休す。
2018/03/04 第25回青葉賞(GU) 東京芝 2,400 18 C.ルメール 56 4 8 2 11 直前の調教でも遅れパッとせず。レース後、「前回も思ったが、息遣いが悪かった」とのコメント。