セダブリランテス       6戦4勝2着0回


父 ディープブリランテ
母 シルクユニバーサル
母父 ブライアンズタイム

平成26年1月12日生
鹿毛 牡
白老ファーム生産

写真:シルクホースクラブ募集馬パンフレットより
愛馬に選んだ理由
募集馬の発表があった頃には、半兄モンドインテロ(父ディープインパクト)が未勝利、特別戦と2連勝し、能力を感じさせる走りを見せてい
ました。母系とディープインパクトの相性の良さは、キズナやラストインパクトの活躍からも明らかですし、父がその子であるディープブリランテに
替わっても面白いと思い、その時点では、「思い切って1頭に絞って複数口いこうかな?」と考えていました。
募集期間が始まると、他馬にも目移りしてしまって、迷った挙句に本馬と合せて5頭に1口ずつ申込しましたが、結果として抽選を突破でき
たのは本馬の1口だけでした。やっぱりこの仔とは縁があったのだと思います。
本馬は、半兄モンドインテロの募集時の映像と比べると、私の好みからは「もう少し」といった気もしますが、最初から気になっていた「縁のあ
る馬」です。予想を良い意味で裏切るような活躍を願っています。
結果として1頭のみの出資となってしまったのですが、こんなことなら複数口申込みしておきたかったな〜。(平成27年10月17日)

出走年月日 レース名 コース 距離 頭数 馬場 騎手 斤量 人気 着順 私のひと言

美浦・手塚貴久厩舎 入厩










2016/12/10 メイクデビュー中山(2歳新馬競走) 中山D 1,800 14 内田博幸 55 7 12 1 1 4コーナーで手応えが怪しくなり、前との差が広がったが、直線だけの競馬で差し切り勝ち。
2017/05/20 早苗賞(500万下) 新潟芝 1,800 11 石川裕紀人 56 5 5 1 1 直線はから馬場の真ん中から7分所を余裕残しで1馬身差の勝利。
2017/07/02 第66回ラジオNIKKEI賞(GV) 福島芝 1,800 12 石川裕紀人 54 8 11 2 1 ゲートの中でも落ち着いていた。いつもより前目の3番手。逃げ馬をゴール前何とか捕らえて、無傷の3連勝。
2017/11/05 第55回アルゼンチン共和国杯(GU) 東京芝 2,500 16 戸崎圭太 54 1 1 3 3 挫跖での休み明け、距離が一気に伸び、初めての古馬戦などの不安要素を克服してくれた。
2018/01/06 第67回中山金杯(GV) 中山芝 2,000 17 戸崎圭太 55 3 6 1 1 3、4コーナー手前から追い通しも、渋太く伸びて、ゴール前差し切り、後続の追込み馬も凌ぐ。スタミナ豊富。
2018/09/02 第54回新潟記念(GV) 新潟芝 2,000 13 石川裕紀人 57.5 8 13 3 7 骨折で約8か月ぶりの出走。トップハンデも響いたか、初の馬券圏外。